‘Google’ カテゴリーのアーカイブ

GAEアプリケーション移行

2013年1月10日 木曜日

前々から、やらなくてはいけないと思いつつ、のびのびになっていた、Google App EngineアプリケーションのMaster/Slave から High Replication へのマイグレーションを行っています。(現在進行中)

以下のサイトを参考にしています。

Master/Slave から HRD への移行

マイグレーション作業を行う前に、とりあえず、GAEのデプロイしたソースを以下の手順でダウンロードします。

mkdir <output-dir>
cd <output-dir>
appcfg.py download_app -A <your_app_id> -V <your_app_version> ./

ちなみに、app.yamlやskip_filesはダウンロードできない。

以上。

instagram APIを使ってGoogleMap上に写真を表示してみた

2011年3月17日 木曜日

ソーシャルウェブサービスのAPIをいじっていたのだが、
その中でも、instagr.amのAPIが、面白そうだったので、
instagram APIを使ってGoogleMap上に写真を表示してみた。

http://instagram.matsuyuta.com

<2011/03/18 追記>
停電明けにアクセスしたら、動かなくなってる(T T)
→2011/03/18修正しました。

◯使い方
最初に表示されるのは、「横浜駅付近」。
ドラッグやズームをして、地図を移動すると
「ZOOM LEVEL」と「地図の中心の緯度経度」が表示される。
別の場所の新しいデータを表示するには、地図を移動させ位置を決め、「再表示する」リンクをクリックする。
この時、「ZOOM LEVEL」が「18以上」でないとエラーになる。(原因は調査中。) →解決済み
指定した位置の半径1000m以内にinstagramのデータがなければ、ただの地図が表示される。
(時々、全く別の位置にジャンプしてしまうこともある。調査中。)

◯概要
/locations/{location-id}/media/recent」というエンドポイントを叩いて、データを持ってきている。
データの範囲は、位置情報から、半径1000m以内のlocationデータを取得してきている。(APIのデフォルト)
複数のデータが同じポイント(位置)にある場合は、ひとつのデータだけ表示している。(そのデータが、最も新しいデータなのかは不明。) 一番最新の写真が表示される。
サーバー側で、PHPのプログラムでAPIを呼び出しデータを取得し、javascriptを生成している。
APIを利用するために、foursquare-asyncというプログラムをinstagramAPI用にすこし変更して利用した。

◯参考:

instagramAPI
http://instagram.com/developer/

GoogleMap API
http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/javascript/

foursquare-async
https://github.com/jmathai/foursquare-async

かえラボ」こちらのサイトの方が、なんか見栄えがよいね。(T T)
http://kaelab.ranadesign.com/blog/2011/02/instagram-apigoogle-maps-api.html

[読書]「ソーシャルアプリ・プログラミング」

2011年3月5日 土曜日

ソーシャルネットワークのAPIを使ったアプリに、以前から興味があったのだが、
なにからやってよいか判らず、ウダウダしていた。
本屋でこの本をみつけ、「これならできそうだな」と思い購入。
実際には、結構苦労したが、なんとかAPIとOauthの理解を深めることができた。
認証系は、TwitterはBasic認証をやめたし、Oauthが今後主流になっていきそう。
Facebookは、FBMLをやめるみたいだし、API関連の技術もひとつの方向を向いてきた気がする。ただ、APIは日々進化しているようで変更が結構あり、本はもちろん、Webで探した情報でさえ、すぐに陳腐化してしまっているようだ。注意が必要。

この本を読もうと思ったポイントは、以下。
・Twittter、Facebook、GoogleFriendConectの連携アプリについて書かれている。
・言語は、PHPで、プログラミングプロでなくてもできそう。
・Curl、CodeIgniter、便利なライブラリを使っていて、コーディングが楽そう。

プログラムを実際に動かすには、
MySQL、curlが動作するWebサーバーが必要。

本のなかで、twitter-asyncライブラリを使用しているのだが、
ライブラリ作成した人が
foursquare(foursquare-async)のAPIライブラリも作成していた。

このfoursquare-asyncベースにすこしコード変更したら、
instagr.amのAPIにも応用できた。

こんなふうに、知識がつながってくると、面白い!

iPhoneアプリ「Google翻訳」で心が折れそう。。。

2011年2月11日 金曜日

iPhoneアプリで、「Google翻訳」が公開された。
さまざまな言語に対応している翻訳ソフトで、
音声からも翻訳可能なところがすばらしい!と思う。

で、テキトーに英単語を発音してみたら・・・。

私には、しばらく休養が必要かもしれない。

参考:「これはマストアプリ! 待望のGoogle翻訳のiPhone アプリが公開

プライバシーの壁はお金を積めば超えられる?

2010年12月16日 木曜日

以前からこんなのあったらいいなぁと思っていたサービスに近いサービスがリリースされた。
無料で利用できるサービスは数多く存在する。ただ、自分が利用したデータも利用されているわけで、「もしデータを提供して、報酬がもらえるなら、もっといいのに。。。」
なんてことを考えていた。

今回リリースされた、「アスク・スマートリー」というサービスは、データの範囲は限定的だが、おもしろいサービスだと思う。

内容としては、企業がアンケート(タスク)を作成し、それについて、登録ユーザーが回答する。そこで、報酬が発生するのだが、このサービスでは、金銭(Paypal)で支払われる。

アンケートの回答できるのは、iPhoneアプリからで、位置情報とからめてのデータ分析を念頭においていることが垣間見える。登録には、Googleアカウントが必要で、報酬を受け取るには、Paypalのアカウントも必要だ。iPhone利用者を対象にしているとしたら、サービスに参加するハードルも低いものだと考える。

個人的には、今後、個人の買い物情報、サービス利用情報などを集めることができれば、より高い報酬でのサービス展開が期待できそう。レシートのQRコードから買物情報をとりこめれば、実現可能になる気もする。

企業が、このサービスを利用する利点は、自分の店に来た客ではないデータ、いわゆる外部のデータが見れるという点と、なんといってもスピードと安さだと思う。

懸念される点は、回答者の質と量だろうか。
個人の情報がどの範囲で企業側に提供されるかも明確でない気がする。
Facebookのファンページが、競合になりそう。

参考:
アスク・スマートリー
YouTube説明動画
iPhoneアプリ