2010年10月 のアーカイブ

Foursquareをライフログとして使う。

2010年10月31日 日曜日

Foursquareが普及するにつれ、
Mayor、バッジ取得も停滞気味だ。
とりあえず行った場所にチェックインはするが、
最初の頃の楽しさはない。

と思っていたところ、
Foursquareをライフログ的に使う方法というものを見つけた。
GoogleカレンダーにCheck-inした場所が表示されるのが、日記のようで面白い。
Googleカレンダーと同期していれば、iPhoneからも確認することができる。

■iPhoneのカレンダーから、Foursquareデータを見る方法
手順
1、以下のサイトの通り。Foursquareのチェックインデータをインポート

参考:「みんな大好き!!Foursquareの便利な使い方とか色々集めてみた

2、iPhoneからそのデータを使えるようにする。
https://www.google.com/calendar/iphoneselect
で、Foursquareのデータにチェックを入れる。

注意:Foursquareでチェックインしても即時にカレンダーに反映されるわけではない。所要時間はまちまち。
    上記のサイトでは、Foursquareの位置データをGoogleMap上で表示させる方法も確認できる。
    ただ、iPhoneからは見ることができない。最近、私は、FoursquareとGeotagをつけることができるカメラと
    併用して、楽しんでいる。それで、代用できると思う。iPhoneアプリは、
    「intagram(無料)」と「CameraPlusPro(無料版あり)」である。

宇宙からのチェックイン。

2010年10月23日 土曜日

「してみてぇ~。」と思った。
宇宙飛行士のDoug Wheelockさんが宇宙ステーションからFoursquareで、
NASA Explorer Badgeをアンロックしたそうだ。

YouTube Preview Image

参考:「宇宙からFoursquareでチェックイン[ビデオ]

foursquareが改良されている?

2010年10月13日 水曜日

最近、お昼ごろのチェックインがことごとく失敗する。
サーバーメンテナンスのようだ。
iPhoneアプリの方も少しづつ改良されてきているようだ。
以前より使いやすい。

登録されている場所(venue)も、ダブりで登録されているものは、統合されているようだ。
おかげで、Mayorshipsの数が減ってしまったが・・・。

ちなみに、
スターバックスコーヒーは
Starbucks Coffee 〇〇店
スターバックスコーヒー 〇〇店
スターバックス コーヒー 〇〇店
などいろいろな形で登録されていたりしたが、
「Starbucks Coffee 〇〇店」に統一されたようだ。

正直、英語だと、検索で探しづらい感はある。
まぁ、同じvenueが複数でてくるよりはマシと思うことにする。

経済省の統計利活用サイト 「データボックス」の今後に期待。

2010年10月5日 火曜日

経済省の統計利活用サイト 「データボックス」が開設された。Flashが使用されていてグラフがダイナミックに操作できて面白い。評価、コメントが投稿できる。コメントに大しての評価、コメントもできる。ソーシャルメディア的な要素が増えてきたと感じる。よいことだ。
データは、PDF、EXCEL、XMLのデータが検索できるようになっているが、今のところXMLのデータは見当たらない。APIの公開(API公開開発室)などもされるのだろうか?今後、まだまだ、新しい機能が追加されるらしいので期待したい。

このシステムのデータを利用したサービスやアプリが一個でてくると活用の仕方にイメージがつきやすい。というか、簡単なサービス、アプリを一緒に公開して、「こんなことできますよー。」といったアプローチがあるといいのになぁ。

参考:
経済省の統計利活用サイト データボックス
API公開開発室
オープンガバメントラボ

追記 2010/10/06
このグラフは、Pentahoでだしてるんですねぇ。
記事:「経済産業省、統計情報の活用検証サイト「データボックス」にPentahoを採用

懐かしのオリエンテーリング

2010年10月3日 日曜日

コロプラで、いろいろな場所で、位置登録して、アイテムゲットなんてことしていて、
(foursquareでチェックインや、ロケタッチでタッチも同様だが)
ふと小学生ぐらいの時やったオリエンテーリングを思い出した。

該当する子どもがいないので、よくわからないが、
今でもあるのだろうかと検索してみたら今でも存在していること知り
少しうれしくなった。

ルール的には、オリエンテーリングは、シンプルで誰でもできる。
ただ、携帯端末がこれだけ普及していると、
ズルがいくらでもできてしまうと感じた一方、
携帯端末を使用したオリエンテーリングにすれば、
不正はある程度防げる。
「あっ、だから、今の時代は、位置ゲームなのか!」と
妙に腑に落ちた。

ちなみに
スタンプラリーは、観光地やイベントで、今でもよく見かける。
日本人は、こういった行動が好きなのかもね。

参考
神奈川県オリエンテーリング協会
日本オリエンテーリング協会