クリック統計学という批判がある。「Excelや統計ソフトのボタンを「クリック!」することで統計解析を行う学問」のことをいう。
私は、クリック統計学がどんなものであるかを知って、使うのはよいと考える。クリック統計学がすべてと思わなければよいのである。
実際、統計学の専門家が忠実に計算した予測が正しいというわけではない。
数学的、統計学的に「正しい」という解釈がされているだけ。
問題は 、何を重視するかである。
スピード、お手軽さを重視するか、数学的に、統計学的に正しい手法を重視するか
注意すべきは、シンプルにとか、簡単にとかいう理由で、クリック統計学を選択し、
それがすべてだと思っていることである。
統計解析の結果だけでなく、現場感をもって、
また様々視点から、データを見ることである。
たくさんある中の一つの手法としてクリック統計学があり、
安易に、一番簡単な手法のみを選択するのは「思考の放棄」である。

オープンソースの統計解析システム「R」による分析


<準備中>


Excel2007による分析


<準備中>


ページのトップへ戻る