「考動」って?

「考動」とは、「考えて行動すること」である。

「サイコロを振って、出た目の数で、明日のすることを決める。」これは、「考動」とは言えない。
「考えて行動すること」とは、
まず、何かしらの事実やデータを根拠として、自分なりの解釈(論理的思考)をすることで、判断・行動を行うことである。

下図のように、「事実・データ」を根拠とし、「解釈」を行い、「判断・行動」を起こす。
そして、「判断・行動」の結果を新たな事実・データとし、「解釈」「判断・行動」を続けていく。
「続けること」このサイクルを回すことが、よりよい結果を導くために重要である。


「考動」とは



ページのトップへ戻る