分析の愛の軌跡

F.彼女の理想、そして現実とのGAPを埋める

セキ子「こ、こんな、こんなはずじゃなかった!」
ブン太「僕だって、こんなことになるなんて・・・」
セキ子「・・でも、あなとなら・・」
ブン太「・・僕も、君となら・・」
(見つめ合って) 二人「・・乗り越えられる!」


「人間は不完全な存在である。自分も例外ではない。」


理想と現実。
出逢った頃は、あなたは限りなく理想に近い人だった。
でも、同じ時間を過ごしていくうちに、すれ違い、理想と現実の間にGAPができる。
どちらが悪いわけでもなく、人間はそもそも不完全なのだ。
理想と現実に開きができた時、つまり、人生の節目節目で関係を見直していくのである。
愛は形を変える。
好き、尊敬、感謝、癒し、いたわり、うやまう。
形が変わっても愛は愛である。


人間が不完全であるのと同様に、データも不完全な存在である。
であれば、GAPができた時点で、計画を見直す、改善する。
そして、新たに分析を行う。といったサイクルを回していくことが重要になってくる。
言い方は様々。
・トライ&エラー
・仮説思考(仮説・実行・検証)
・データ→解釈→判断・行動
などなど

とにかく、「続けていくこと」である。


関連ページ:
期間
単位
サイクル
共通認識

ページのトップへ戻る