分析の愛の軌跡

C.彼女の現在・過去・未来を知る

ブン太「しょ、将来、セキ子さんは、子供は何人欲しいですか」
セキ子「男の子と女の子、ひとりづつがいいわ」
ブン太「ぼ、僕は、5人は、ほ、欲しいです!」
セキ子「まぁ、そ、そんなに稼いでいらっしゃるんですか?」
ブン太「・・・・」

「あなたがこれまで重ねた歳月を、今日からわたしと重ねよう。」


彼女の現在・過去・未来を知る
彼女の人間性が分かってくれば、彼女がどんな恋愛人生をおくってきたのか知りたくなるのである。
過去の恋人のことまで踏み込めなくても、今の気持ち、将来像は知っておきたい。
現在・過去・未来の時点という切り口で考えるならば、
「現在」現状分析「彼女は今フリーなのか」「彼女は、今、仕事に打ち込みたいのか」
「過去」原因分析「過去の恋愛」について、もし、今なにか障害があれば、それはもしかしたら過去の恋愛が原因かもしれない。
「未来」未来予測「将来、どんな二人の在り方を想像しているか。生活になにを求めるか。たとえば、マイホーム、子供、老後、いきがいなどなど。


データでも同じである。
現在を知ることで、現状分析ができる。
現在の結果は過去に原因があり、
過去から現在の流れが、未来へ続いていくことで予測も可能になる。
「変化の抽出」はデータ分析の基本のひとつである。


また、変化の方向性がある程度分かっていれば、対応策を考えることもできる。
cf.ローリングプランとコンティジェンシープラン


関連ページ:
期間
裏付け
現在過去未来

ページのトップへ戻る