分析の愛の軌跡

A.長く付き合うことを目的

ブン太「セキ子さん、結婚を前提として、お付き合いしてください。」
セキ子「・・・はい。ポッ(頬を染める)。」
ブン太「長く愛し合うために、僕らはお互いに相手の新しい「好き」を発見し続けよう。お互いが成長していくために。」


「愛は育むもの」


長く付き合うことを目的とする。そう、「愛は育むもの」である。
長く付き合っていれば、相手の嫌なところもみえてくるし、相手に飽きてもくる。
そこで、今ある結果から新しいものを発見していくことが愛を育てるのである。


データの分析も「育んでいくもの」である。
データ分析のシステム構築でよく言われるのは、「Thik big, Start small.」である。
「小さく初めて、大きく育てる」といったところだろうか。

経営者であれば、「Going Concern(継続性のある事業)」という言葉を耳にすることもあるはず。
経営に分析を役立てて行こうと考えている場合、長く付き合うこと、つまり、分析を続けていくサイクルが重要なのである。





関連ページ:
サイクル

ページのトップへ戻る