データ分析をする前に知っておくべき3つのポイント

1. 未来のため、今決める

データ分析は、未来のための判断・行動に対して行うものである。
データ分析を行い、解釈した結果、なんの判断も行動もできないのでは意味がない。

データ分析は、過去、現在のデータを使って、未来を予測し、
未来に対応すべく、今、判断・行動をすることである。


2. 変化と関連性

データ分析では、データとデータの「変化を抽出する」または、「関連性を抽出する」
ことがおもな作業となる。

変化の抽出場合は、時系列でデータの変化をみる。
1年前、1か月前、1週間前、1日前、1時間前・・・といったように、
時間ごとの変化から、変化の傾向を見つけ出し、未来を予測する。
めちゃくちゃな変化をするデータや、変化のないデータもあるが、他のデータと組み合わせることで意味をなすこともある。
注意すべきは、現在までのデータに予兆のない未来は予測できないということである。

関連性を抽出する場合、統計解析の手法を使ったりしてデータを分析することになる。
あるひとつのデータが変化すると、別のデータが反応するみたいなものは関連性があるといえる。
たとえば、自社の今後の売上を予測する場合、同業他社のデータとの関連を見たり、自社と似たような市場と規模をもった異業種他社のデータとの関連をみたりする。
注意すべきは、データとデータを比べる際に、データの細かさ(データの粒度)が同じレベルかどうか確認する必要がある。


3.世界はデータを越えている

すべてのデータがあるわけではない。それは、担当者の怠慢ではなく、この世の中の事象すべてをデータ化するのは無理なのである。
であれば、データ分析の結果を一つの判断材料とし、データのバランス、現場感などを総合して、決めることである。

データ分析をする前に知っておくべき3つのポイント

ページのトップへ戻る