データ、情報を正しくとらえる 10のポイント

8. リスク

解釈には、リスクがどれくらいあるか考える。
判断・行動にはどれだけリスクがあるか考える。
実際のところ、リスクをとらなければ、
解釈も判断・行動も出来ないことが多い。
一番まずいのは、「解釈も判断も行動も出来ないこと」。
ちなみに、「何もしない」という解釈、判断、行動もある。

また、「A案かB案か、どちらかを選択しなければならない」といった極論で、
説得の技術として、2極論はシンプルでわかりやすい。しかし、リスクが高いことが多い。
極論には、たくらみがあると考える。
判断にスピードが求められる時代であるが、 複雑に考えることのあとにシンプルに考えなおすことは有用だが、 シンプルにはじめから考えることは「思考の放棄」といえる。

ページのトップへ戻る