データ、情報を正しくとらえる 10のポイント

6. 変化を抽出する単位

変化を抽出する単位を考える。
グラフを作成する際、変化を抽出するために、よりハッキリわかる単位、目盛りを使用する。
分かりやすいことは確かだが、これも、単位が違うだけで、印象はだいぶ違ってくる。

「グラフ作成者の意図」や「データの変化する幅がどれだけの意味をもつか」をしることができれば、 単位のすり替えによるマジックに騙されることも少なくなる。



ページのトップへ戻る